アゴや口回りのニキビにウンザリ!〜化粧品選びのポイントは?〜

 

低価格なトライアルキットがある

 

実際に使ってみて、あなたのお肌にあわなかったら、お金がもったいないですよね。

 

そのため、返金保証がある化粧品を中心にご紹介します。

 

 

乾燥肌・敏感肌でも大丈夫か?

 

どのお肌でも安心・・・・といった化粧水もありますが、やはり乾燥肌やデリケートは敏感肌でも安心なものをご紹介します。

 

 

添加物がない

 

合成香料; 着色料; パラベン; アルコールなど、添加物を気にする人が多いです。

 

特にデリケートなお肌(※敏感肌)の人でも利用できるニキビ跡化粧水を中心におすすめします。

 

※化粧水によっては完全無添加というわけではないです。

 

顎ニキビ!おすすめ化粧品ランキング

 

メルライン

 

 

  • 返金保証:180日(※定期コースのみ)
  • 内容量:55g ※1か月分
  • 単品購入:7,000円
  • 定期購入:4,980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 顎を含め、フェイスラインのニキビを繰り返す人
  • ロングセラー商品がいい人

 

メルラインは顎ニキビ!用の化粧品で20万個突破するほど、人気があります。

 

顎ニキビが原因で鏡を見るのが辛い! 化粧で隠すのが面倒!
といったあなたにピッタリです。

 

デメリット

 

返金保証は定期コースのみです・・・

 

 

 

 

パルクレールジェル

 

 

  • 返金保証:180日間あり
  • 内容量:

    洗顔フォーム:120g
    エンチッリ水:100ml
    アドバンス保護美容液:30g

  • 単品購入:17,100円

    定期購入:15,300円
    ※初回6800円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 顎などフェイスラインの大人ニキビを繰り返している人
  • 値段をあまり気にしない人
  • 返金保証付きがいい人

 

ラミューテは女性ホルモンのバランスにアプローチした、化粧品です。

 

【デメリットは?】

 

顎ニキビ対策化粧品の中で、かなりの高級品です(汗)

 

 

 

パルクレールジェル

 

 

  • 返金保証:永久保証あり
  • 内容量:40g ※1か月分
  • 単品購入:7200円

    定期購入:4980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 日本一売れている背中ニキビジェルがいい人
  • 顎などフェイスライン・背中のニキビを繰り返している人
  •  

 

パルクレールジェルは、ニキビケア以外にも、化粧水・美容液・乳液・化粧下地・マッサージジェル・パック・クリームなどオールインワンジェルとしての機能もあります。

 

また、購入後にニキビケアの相談に乗ってくれる専任サポート担当もいるため、売りっぱなし・・・
ということはありません。

 

※背中ニキビを売りにしていますが、アゴなど口回りにも対応しています。

 

 

【デメリットは?】

 

40gと量がちょっと少ないですね・・・

 

 

 

ニキビのお悩みQ&A

 

ニキビに疑問の犬

 

大人ニキビと思春期のニキビの違いとは?

 

大人ニキビは若い思春期のニキビとは違い、様々な要因が複雑に絡み合ってできていることも多いので、若い肌向けのアクネケアをしてしまうと、良くなるどころかかえって悪化させてしまうこともあるので、注意しなければなりません。この大人ニキビができてしまう主要因は、ホルモンバランスの乱れで、ストレスなどにより男性ホルモンが優位に立ってしまうことで、皮脂分泌が盛んとなり、毛穴詰まりを起こし、アクネ菌の増殖によりニキビへと進行します。その為、男性の髭の生える部分、つまり、口周りや顎、首、フェースラインなどにできるのが特徴的で、思春期のニキビのように、おでこや鼻、頬、といったTゾーンにはあまり見られません。大人ニキビのできるUゾーンは、もともと毛穴も小さく、汗もかきにくい部位であることから、インナードライ状態となっていることも多く、肌の乾燥により、バリア機能が低下していることと相まって、ニキビが発生していることも多いようです。大人ニキビ対策は、徹底した保湿ケアと、肌へ与える摩擦を減らすことで、水分をたっぷりと与え、過剰になっている皮脂量を抑えてあげましょう。

 

 

ニキビが顎にできる原因とは?

 

近ごろは、肌にできる吹き出物やニキビに深刻な悩みを抱えている人々が増えてきています。

 

特に、顎付近に何度も繰り返しできるニキビは、目立ちますしメイクでも隠しきれないと感じている女性も多く見られます。そんな顎の近くによくできる吹き出物は、大人ニキビとも呼ばれているのです。

 

その原因としては、日常生活の強いストレスや寝不足、疲れなどが蓄積することが挙げられます。生活習慣が荒れることによって女性ホルモンのバランスが乱れて、口の周りにニキビが何度もできてしまうのです。

 

また、エアコンなどによる肌の乾燥も大人ニキビの要因とされています。そのため、朝晩のスキンケアを行う際には、たっぷりと化粧水やクリームなどで潤いを与えることが大切なのです。

 

毎日のお肌のお手入れで十分な保湿を心がけることによって、症状が改善する場合もあります。そして、しっかりと睡眠をとり栄養バランスの良い食事をとることによって、徐々にニキビが減っていきます。

 

このように、顎付近にできるニキビに困ったら、まずはその原因となる生活習慣の乱れを改善して健康的な性格を送り、スキンケアに力を入れると安心といえます。誰よりも美しい肌を得るために、日頃の努力が重要なのです。

 

 

ニキビ跡(クレーター)ができる原因は?

 

ニキビができても跡が残らず綺麗に治ってしまう人と、ニキビ跡(クレーター)が残ってしまって悩まされる人の二つのタイプに分かれます。

 

 

ニキビ跡(クレーター)はニキビが炎症を起こした時に発生した毛細血管からの出血や、細胞が破壊された跡なのです。
このニキビ跡は普通肌のターンオーバーによって次第に薄くなり消えていくものなのですが、何らかの理由で肌のターンオーバーが正常に機能しなくなることがニキビ跡ができる原因なのです。

 

 

またターンオーバーは肌の表面で行われるのですが、ニキビによって起こった肌の炎症が表面の表皮だけに留まらず、さらにその下にある真皮にまで炎症が進んでしまうと、肌の土台が崩れえぐれたようにへこんでしまいます。

 

真皮はコラーゲンやヒアルロン酸などで構成されていて、肌の潤いと弾力を保つ役割をしていますが、こうなってしまえば真皮はターンオーバーでは治すことが出来ないのでそのままニキビ跡(クレーター)として残ってしまうのです。

 

 

このようにならないためにも日頃から洗顔などで顔の肌を清潔に保ち、ニキビができたとしても真皮まで炎症を起こさないように食生活や生活習慣を改善して肌のターンオーバーを正常な状態に保つように心がけましょう。

 

 

乾燥肌になる原因

 

乾燥肌の原因でもっとも多いのは加齢です。年を重ねた肌は自然と水分が減って乾燥しやすい状態に変わります。

 

皮膚細胞は常にターンオーバーを繰り返していますが、ある程度の年齢になるとターンオーバーの周期が長くなって古い細胞の割合が増えます。

 

古い細胞は瑞々しい生まれたての細胞と比べると硬くなっていて水分を保持する能力も低下していますので、
肌中の水分量は必然的に減少します。ですから年を取ると乾燥状態が悪化してシワも増えますが、若いうちから保湿をしっかりと行うと肌の老化のスピードを緩めることができます。

 

日々の生活の中にも乾燥肌を引き起こす原因があります。若い人でも多く見られるのがエアコンの風を直に受けて肌中の水分が減ってしまう現象であり、夏の冷房や冬の暖房によって引き起こされます。

 

最近では直に風を当てないようにできるエアコンも登場していますが、冬場は空気自体が乾燥していますのでそこにエアコンの風をプラスすることで部屋の湿度が低くなって乾燥肌になります。

 

生活習慣に起因する乾燥肌の場合、寝不足や栄養バランスの悪化に気をつけたいところです。肌が健やかに働くためには質の良い十分な睡眠とバランスの良い食事が必要です。

 

 

敏感肌になる原因

 

敏感肌になる原因は、乾燥肌の放置を挙げることが出来ます。敏感肌の人はちょっとした刺激に弱くなりますが、
肌は本来紫外線や排気ガスのような外から受けるダメージから身を守る働きがあります。しかし敏感肌の人はこの働きは弱く、外から受けるダメージになられやすい状態になっているのです。

 

ではなぜ肌の働きが弱くなるのか、といえば乾燥肌がポイントになるのです。

 

肌の働きを十分に保つためには肌の水分が適切な状態になっている必要がありますが、
肌は乾燥すると毛穴が開きやすくなり、開いた毛穴は外からダメージを受け入れやすくなります。

 

そしてダメージを受け入れてしまう状態が続くことで肌は傷つきダメージを受けやすい敏感肌になってしまうのです。

 

つまり乾燥肌の状態の時に肌の保湿を怠ると、最終的に敏感肌になる原因になってしまうのです。

 

乾燥肌にならないためには肌の保湿が重要ポイントになるため、保湿成分がたっぷりと入った刺激の弱い化粧水を使用ことが大切になります。

 

また化粧水を使用した後に何もしないと化粧水は蒸発してしまいますし、
最悪なことに肌の水分まで一緒に蒸発することもあるため、化粧水による保湿の後には乳液やクリームによって肌に蓋を作ることも大切です。

 

敏感肌になるとちょっとした刺激にも弱くなりますし、化粧品が自由に使えなくなるなど不便も生じますので、乾燥肌の時に肌質を改善するようにすると良いでしょう。

 

混合肌になる原因は?

混合肌は脂っぽい部分と乾燥した部分があるので、スキンケアをするのがなかなか難しいことがあります。

 

乾燥肌用の化粧品がいいのか、脂性肌用の化粧品がいいのかそれとも両方を使いわけるのか迷うところです。

 

混合肌は生まれつきの肌質の人もいますが、多くは間違った洗顔方法によってなってしまう人が多いです。

 

スキンケアを始める時期は多くの人は思春期です。

 

思春期の肌は不安定で脂っぽくなりがちです。ニキビやてかりを気にして脱脂力の強い洗顔料やさっぱりローションを使いがちです。

 

そうすると頬や目の周りは乾燥しがちになってしまいます。そのままのスキンケアを続けていくと角質がうすくなりバリア機能も弱ってしまいます。

 

20代になってもそのままのスキンケアを続けてしまうと乾燥しやすいところはますます乾いて混合肌の原因になります。

 

一度混合肌になってしまうと、スキンケアの難しさもありなかなか元にはもどりません。

 

また、季節によっても乾く時期と脂性肌に傾く時期があるのでお肌を安定させることは化粧品では困難になります。

 

なので、若いうちからTゾーンはさっぱりとさせてそれ以外の部分はしっかり保湿をするように心がけるとよいです。

 

また、油分は少なめで保湿効果は高いという化粧品もありますから試してみては。

 

ニキビ対策化粧品Q&A

 

ニキビ化粧品が気になる人

 

ニキビ用の化粧水の特徴や役割とは?

 

ニキビ用化粧水は普通の化粧水とは異なる特徴を持っています。

 

ニキビ用化粧水はニキビを治すのに効果的な成分が含まれています。ニキビの大きな原因となっているのがアクネ菌です。アクネ菌はニキビを引き起こすだけではありません。

 

さらに炎症させ、しまうことがあります。ニキビ用化粧水はアクネ菌を殺菌する成分が含めることで、悪化を防ぎ治す役割があるのです。また、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを防ぐ効果もあります。

 

毛穴の詰まりの多くは皮脂や古くなった角質です。角質は毛穴の中で固くなってしまい、通常の洗顔だけではなかなか取り除くことが出来ません。

 

ニキビ用化粧水には古くなった角質を溶かしたり、ピーリング効果のある成分が配合されたりしているので、肌に負担をかけることなく毛穴の詰まりを取り除くことが出来ます。

 

また、ニキビ用化粧品は治すと同時に肌を回復させる役割もあります。ニキビが治った後、クレーターなど肌の凹凸が残ってしまうことがあります。

 

肌の回復力を高め、ターンオーバーを活発にすることでニキビ跡を防ぎます。

 

ニキビ用化粧水には保湿効果も含まれています。感想はニキビを起こす原因の1つです。

 

肌の保湿効果を高めることでニキビを治し、新たなニキビを防ぐ役割があるのです。

 

乳液の役割を解説

ライン使いをする場合は、最後に乳液を使用することが重要になりますが、これは肌に油膜を張ることで各成分を肌に閉じ込める役割を持っているからです。

 

化粧水にはヒアルロン酸やコラーゲンのような保湿成分が、美容液には美白成分やビタミン類のような肌の栄養となる美容成分が配合されています。

 

それらを順番に肌に塗り込むことで肌の調子を整え、透明感のある肌を手に入れることが出来るのですが、ただ使用するだけでは蒸発してしまいます。

 

各成分が肌に浸透する前に蒸発してしまっては、化粧水や美容液を使用しても思うような効果を得ることが出来ません。そこで各成分を閉じ込める役割として登場するのが乳液です。

 

乳液には油分が配合されています。そのため使用することで肌に油膜を張ることが出来、水分の蒸発を防ぐことが可能になり、水分の蒸発を防ぐことで保湿成分や美容成分を肌に閉じ込めることが出来るのです。

 

中には乳液は肌がべとつくのであまり好きではない、という人もいるかもしれませんが、その場合はべとつきにくいサッパリタイプを選ぶと良いですし、
乳液と同じ役割を持つクリームを使用しても良いかもしれません。

 

化粧水や美容液を使用するのであれば、乳液は仕上げの一手として重要なポイントになるので、使用を忘れないで下さい。